創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net


2018年4月15日発行

遺伝子医学MOOK 33号
遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析
−病態解明から個別化医療,ゲノム創薬まで−
編集: 岡田随象
 (大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、272頁
遺伝統計学(statistical genetics)は,遺伝情報と形質情報の結びつきを,統計学の観点より評価する学問分野です。遺伝学と統計学はかねてより深い関わりがあり,遺伝統計学は双方の学問の発展に寄与する形で進化を遂げてきました。近年では,疾患ゲノムデータを多彩な生物学・医学データと分野横断的に統合し,疾患病態の解明や新規ゲノム創薬,個別化医療へと活用する際に有用な学問としても注目を集めています。しかし,遺伝統計学を担う人材は本邦では特に少なく,学問としての知名度も十分とは言い難い状況にあります。
このような背景を元に,本書「遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析−病態解明から個別化医療,ゲノム創薬まで−」を企画しました。
第1章は遺伝統計学の基礎理論について,第2章は最新のデータ解析技術について,第3章は本邦におけるゲノム情報の社会実装の最前線での取り組みについて,第4章はゲノム・エピゲノム解析とがんゲノム解析に分け,独自の解析手法の開発者を対象にご執筆いただいております。 (序文より抜粋)




2017年12月31日発行

遺伝子医学MOOK 32号
難病研究up-to-date
−臨床病態解析と新たな診断・治療法開発をめざして−
編集: 松原洋一
 (国立成育医療研究センター研究所長
  東北大学名誉教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、288頁
「難病」という用語,概念はわが国独特のものです。従来この難病には,原因不明,病態未解明,治療法未確立などという重苦しいイメージが付帯していましたが,次世代シークエンサーなど近年の遺伝子解析技術の進歩により,疾患発症の原因となる遺伝子変異や遺伝的素因を短期間のうちに解明できるようになりました。いったん病因遺伝子が特定できれば,疾患の病態解明と治療法探索にとって大きな第一歩となります。様々な難病の病態解明に伴い,その治療法の開発についても近年著しい進展が認められます。
本書は,難病の診断と病態解析,病態モデル作製,治療法(総論・各論),今後の研究展開の展望で構成され,一読すれば概略が理解できるように編集されています。 (序文より抜粋)




2017年7月31日発行

遺伝子医学MOOK 31号
がん免疫療法
−What's now and what's next?−
監修: 珠玖 洋
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授
  三重大学複合的がん免疫療法リサーチセンター長)
編集: 池田裕明
 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍医学分野教授)
影山愼一
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授)
西川博嘉
 (国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野長
  名古屋大学大学院医学系研究科微生物・免疫学講座
  分子細胞免疫学教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、294頁
最近の免疫チェックポイントを中心としたがん免疫療法の大きな成功は,長年様々な角度から続けられてきた開発努力の方向の正しさを力強く立証するものとなり,また,科学的視点からの大きな展開は,長年仮説として提案されてきた「宿主のがんに対する免疫監視機構」の存在を疑いようもなく明らかにしました。様々ながん種における免疫チェックポイント抗体の有効な患者さんの存在は,今後ヒトにおける免疫監視機構のより詳細なメカニズムの解析を提供しはじめています。
本書では,できるだけ網羅的に分野全体をカバーし,がん免疫研究分野での第一線の研究者の方々に新しい取り組みを含めてご解説いただいております。 (「監修によせて」より抜粋)




2017年4月30日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ2
最新精神・神経遺伝医学研究
遺伝カウンセリング
編集: 戸田達史
(東京大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授)
定価: 6,804円(本体 6,300円+税)、B5判、308頁
本書/最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリングは、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の第一弾/最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリングに次ぐシリーズの第2弾で、精神・神経疾患に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集された書籍です。
第1章では総論として遺伝医学のみに関わらず精神・神経疾患研究での最新テクノロジー(歴史的背景、ゲノムワイド関連解析、次世代・次々世代シークエンサー、クリニカルシークエンシング、ゲノム編集、iPS細胞を用いた疾患解析・創薬研究、光遺伝学、イメージング…その他)までを含み解説、第2章では脳血管障害、アルツハイマー病、パーキンソン病など代表的な精神・神経疾患の遺伝医学研究・診療の各論を、第3章ではケーススタディを駆使して精神神経遺伝カウンセリングの各論について、第4章では患者登録、患者会、難病支援制度、ELSIなど倫理的・法的・社会的問題について解説されています。




2016年8月31日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ1
最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究
遺伝カウンセリング
編集: 三木義男
(東京医科歯科大学難治疾患研究所分子遺伝分野教授)
定価: 6,804円(本体 6,300円+税)、B5判、336頁
本書は、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の中で、遺伝性腫瘍・家族性腫瘍に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集されております。 遺伝性/家族性腫瘍研究・診療および遺伝カウンセリングの分野でも、日々、新たな技術や情報が報告されていると言っても過言ではありません。 第1章では総論を、第2章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の各論を、そして第3章では遺伝カウンセリングの重要性を鑑み、がん遺伝カウンセリングの研究を含めた各論を、最後に第4章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の倫理的問題に関しても各専門家の先生方に詳述いただいております。





遺伝カウンセリングのためのコミュニケーション論
京都大学大学院医学研究科遺伝カウンセラーコース講義
遺伝子医学MOOK別冊
いまさら聞けない
『遺伝医学』
遺伝子医学MOOK別冊
遺伝カウンセリング
ハンドブック
遺伝子医学別冊
これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識
残り僅か
遺伝子医学の基礎知識




放射線被ばくへの不安を軽減するために
医療従事者のためのカウンセリングハンドブック
遺伝医療と倫理・
法・社会





遺伝子医学MOOK30号
今,着実に実り始めた遺伝子治療

−最新研究と今後の展開
遺伝子医学MOOK29号
オミックスで加速する
がんバイオマーカー
研究の最新動向

リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー
遺伝子医学MOOK28号
ますます臨床利用が
進む遺伝子検査

−その現状と今後の展開そして課題−
遺伝子医学MOOK27号
iPS細胞を用いた
難病研究
−臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見




遺伝子医学MOOK25号
エピジェネティクスと
病気
遺伝子医学MOOK23号
臨床・創薬利用が
見えてきた
microRNA
残り僅か
遺伝子医学MOOK16号
メタボロミクス:その解析技術と臨床・創薬応用研究の最前線
遺伝子医学MOOK15号
最新RNAと疾患研究
今、注目のリボソームから 疾患・創薬応用研究までRNAマシナリーに迫る




遺伝子医学MOOK10号
DNAチップ/マイクロアレイ臨床応用の実際
        
     

遺伝子医学1〜25号
(特集タイトルのみ)


1号 遺伝子医学の最前線
2号 ガンと遺伝子
3号 感染症と遺伝子
4号 臓器移植と遺伝子
5号 医薬品開発と遺伝子
6号 脳と遺伝子
7号 免疫と遺伝子
8号 シグナル伝達と遺伝子
9号 家族性腫瘍と遺伝子
座談会・遺伝子医学と生命倫理
10号 生活習慣病と遺伝子
11号 新世紀医療をめざして-SNPとDNAチップ
12号 新世紀医療をめざしてU−クローンと再生医学−Cell therapyに向かう医学のフロンティア−
13号 新世紀医療をめざしてV−ゲノムサイエンスを加速するバイオインフォマティクス
14号 新世紀医療をめざしてW−プロテオミクスと創薬
15号 新世紀医療をめざしてX−Pharmacogenomics
16号 新展開を見せる心血管病
17号 遺伝子検査の最前線−その最新知見からカウンセリング・インフォームドコンセントまで
18号 Tissue Engineering−幹細胞工学から医療工学へ−
19号 遺伝子複合治療−技術的新展開を見せる遺伝子治療
20号 ポストゲノム時代の造血器腫瘍の分子機序解明と分子標的療法への挑戦
21号 再生医療とDDS−組織再生療法をめざした細胞増殖因子、遺伝子のフロンティア技術
22号 核内受容体と疾患
23号 ここまで解った神経変性疾患の最先端研究−アルツハイマー、パーキンソン病を中心に
24号 Gタンパク質共役受容体と脳機能
座談会・ヒトゲノム解読完了のインパクト
25号 RNA interference 医学への展開−今、RNAiがおもしろい−




(C) 2000 Medical Do, Co., Ltd.