創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net


2017年7月31日発行

遺伝子医学MOOK 31号
がん免疫療法
−What's now and what's next?−
監修: 珠玖 洋
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授
  三重大学複合的がん免疫療法リサーチセンター長)
編集: 池田裕明
 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍医学分野教授)
影山愼一
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授)
西川博嘉
 (国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野長
  名古屋大学大学院医学系研究科微生物・免疫学講座
  分子細胞免疫学教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、294頁
最近の免疫チェックポイントを中心としたがん免疫療法の大きな成功は,長年様々な角度から続けられてきた開発努力の方向の正しさを力強く立証するものとなり,また,科学的視点からの大きな展開は,長年仮説として提案されてきた「宿主のがんに対する免疫監視機構」の存在を疑いようもなく明らかにしました。様々ながん種における免疫チェックポイント抗体の有効な患者さんの存在は,今後ヒトにおける免疫監視機構のより詳細なメカニズムの解析を提供しはじめています。
本書では,できるだけ網羅的に分野全体をカバーし,がん免疫研究分野での第一線の研究者の方々に新しい取り組みを含めてご解説いただいております。 (「監修によせて」より抜粋)




2017年4月30日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ2
最新精神・神経遺伝医学研究
遺伝カウンセリング
編集: 戸田達史
(東京大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授)
定価: 6,804円(本体 6,300円+税)、B5判、308頁
本書/最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリングは、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の第一弾/最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリングに次ぐシリーズの第2弾で、精神・神経疾患に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集された書籍です。
第1章では総論として遺伝医学のみに関わらず精神・神経疾患研究での最新テクノロジー(歴史的背景、ゲノムワイド関連解析、次世代・次々世代シークエンサー、クリニカルシークエンシング、ゲノム編集、iPS細胞を用いた疾患解析・創薬研究、光遺伝学、イメージング…その他)までを含み解説、第2章では脳血管障害、アルツハイマー病、パーキンソン病など代表的な精神・神経疾患の遺伝医学研究・診療の各論を、第3章ではケーススタディを駆使して精神神経遺伝カウンセリングの各論について、第4章では患者登録、患者会、難病支援制度、ELSIなど倫理的・法的・社会的問題について解説されています。




2016年8月31日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ1
最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究
遺伝カウンセリング
編集: 三木義男
(東京医科歯科大学難治疾患研究所分子遺伝分野教授)
定価: 6,804円(本体 6,300円+税)、B5判、336頁
本書は、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の中で、遺伝性腫瘍・家族性腫瘍に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集されております。 遺伝性/家族性腫瘍研究・診療および遺伝カウンセリングの分野でも、日々、新たな技術や情報が報告されていると言っても過言ではありません。 第1章では総論を、第2章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の各論を、そして第3章では遺伝カウンセリングの重要性を鑑み、がん遺伝カウンセリングの研究を含めた各論を、最後に第4章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の倫理的問題に関しても各専門家の先生方に詳述いただいております。




2016年6月20日発行

遺伝子医学MOOK 30号
今,着実に実り始めた遺伝子治療
−最新研究と今後の展開
編集: 金田安史
(大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学教授
 日本遺伝子細胞治療学会理事長)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、308頁
わが国においても遺伝子治療の企業治験や医師主導治験がようやく増えて、がんや循環器疾患で有望な遺伝子治療法が育ってきています。審査制度の迅速化が各国で進むとともに、わが国でも質の高い治験を行う体制が築かれつつあります。特に、再生医療等製品の早期承認制度が承認され、遺伝子治療製品もその対象となり、早期の実用化が図れる道が開かれました。今後、遺伝子治療の医療への貢献はますます大きくなり、企業の参画も期待できる状況となっています。本書はその最新研究と今後の展開をまとめた一書です。




2016年3月30日発行

遺伝カウンセリングのためのコミュニケーション論
京都大学大学院医学研究科遺伝カウンセラーコース講義
編者: 小杉眞司
 (京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
  医療倫理学/遺伝医療学分野(遺伝カウンセラーコース)
  教授)
通年講義担当者:
浦尾充子
 (京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
  医療倫理学/遺伝医療学分野(遺伝カウンセラーコース)
  非常勤講師)

鳥嶋雅子
 (京都大学医学部附属病院 遺伝子診療部 遺伝カウンセラー)

村上裕美
 (京都大学医学部附属病院 遺伝子診療部 遺伝カウンセラー)
定価: 5,400円(本体 5,000円+税)、A4変型判、404頁
10年間、工夫・蓄積された講義内容をさらにブラッシュアップ。
認定遺伝カウンセラー養成校や臨床遺伝専門医のテキスト、遺伝医療に携わる医師・コメディカルなどの教育・自己研鑽に最適です。





遺伝子医学MOOK別冊
いまさら聞けない
『遺伝医学』
遺伝子医学MOOK別冊
遺伝カウンセリング
ハンドブック
遺伝子医学別冊
これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識
残り僅か
遺伝子医学の基礎知識
放射線被ばくへの不安を軽減するために
医療従事者のためのカウンセリングハンドブック
遺伝医療と倫理・
法・社会

遺伝子医学MOOK29号
オミックスで加速する
がんバイオマーカー
研究の最新動向

リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー
遺伝子医学MOOK28号
ますます臨床利用が
進む遺伝子検査

−その現状と今後の展開そして課題−
遺伝子医学MOOK27号
iPS細胞を用いた
難病研究
−臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見
遺伝子医学MOOK25号
エピジェネティクスと
病気
遺伝子医学MOOK23号
臨床・創薬利用が
見えてきた
microRNA
残り僅か
遺伝子医学MOOK16号
メタボロミクス:その解析技術と臨床・創薬応用研究の最前線
遺伝子医学MOOK15号
最新RNAと疾患研究
今、注目のリボソームから 疾患・創薬応用研究までRNAマシナリーに迫る
遺伝子医学MOOK10号
DNAチップ/マイクロアレイ臨床応用の実際
        
     
遺伝子医学1〜25号
(特集タイトルのみ)


1号 遺伝子医学の最前線
2号 ガンと遺伝子
3号 感染症と遺伝子
4号 臓器移植と遺伝子
5号 医薬品開発と遺伝子
6号 脳と遺伝子
7号 免疫と遺伝子
8号 シグナル伝達と遺伝子
9号 家族性腫瘍と遺伝子
座談会・遺伝子医学と生命倫理
10号 生活習慣病と遺伝子
11号 新世紀医療をめざして-SNPとDNAチップ
12号 新世紀医療をめざしてU−クローンと再生医学−Cell therapyに向かう医学のフロンティア−
13号 新世紀医療をめざしてV−ゲノムサイエンスを加速するバイオインフォマティクス
14号 新世紀医療をめざしてW−プロテオミクスと創薬
15号 新世紀医療をめざしてX−Pharmacogenomics
16号 新展開を見せる心血管病
17号 遺伝子検査の最前線−その最新知見からカウンセリング・インフォームドコンセントまで
18号 Tissue Engineering−幹細胞工学から医療工学へ−
19号 遺伝子複合治療−技術的新展開を見せる遺伝子治療
20号 ポストゲノム時代の造血器腫瘍の分子機序解明と分子標的療法への挑戦
21号 再生医療とDDS−組織再生療法をめざした細胞増殖因子、遺伝子のフロンティア技術
22号 核内受容体と疾患
23号 ここまで解った神経変性疾患の最先端研究−アルツハイマー、パーキンソン病を中心に
24号 Gタンパク質共役受容体と脳機能
座談会・ヒトゲノム解読完了のインパクト
25号 RNA interference 医学への展開−今、RNAiがおもしろい−




2000-2010 (c) Medical Do All rights reserved.