創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net


2020年7月1日発行

遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、168頁
ISBN978-4-909508-08-9
特集コーディネーター:
 鈴木 穣
  (東京大学大学院新領域創成科学研究科
   メディカル情報生命専攻教授)





2020年5月10日発行

遺伝子医学MOOK 35号
ミトコンドリアと病気
編集: 村山 圭
 (千葉県こども病院遺伝診療センター長/代謝科部長)
小坂 仁
 (自治医科大学小児科学教授)
三牧正和
 (帝京大学医学部小児科学講座主任教授)
定価: 本体 5,350円+税、B5判、304頁
本書は,ミトコンドリア病に関わる臨床医,基礎・臨床の研究者,薬学研究者,製薬メーカー等企業の研究者,遺伝カウンセラー,学生,大学院生など,ミトコンドリア・ミトコンドリア病研究に関わる多くの関係者向けに執筆されております。 総論の「ミトコンドリア入門」,「先天代謝異常症の歴史」から始まり,第1章「ミトコンドリア病の診断」,第2章「ミトコンドリア病の臨床病型」,第3章「遺伝カウンセリング・出生前診断」,第4章「ミトコンドリア病の治療」,第5章「本邦における創薬開発」,第6章「本邦における家族会・支援団体」,第7章「ミトコンドリア病と基礎研究」で構成されております。




2020年4月1日発行

遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、184頁
ISBN978-4-909508-07-2
特集コーディネーター:
 戸田達史
  (東京大学大学院医学系研究科神経内科学教授)
今号の特集テーマは「遺伝性疾患治療の最前線」です。分子標的治療に焦点を当て、臨床家、アカデミック並びに企業の研究者、カウンセラーの方などのためにご執筆いただいております。
現在、多くの難病の病態が今まさに分子レベルで解明されつつあり、原因療法の開発・治験・実用化まで進められているものもあります。原因タンパクが明らかになれば、そのタンパクをターゲットにして様々な治療法が考案されます。酵素補充療法、AAVベクターによる遺伝子治療、アンチセンス核酸、シャペロン療法、siRNA治療、ゲノム編集などはまさにそれです。遺伝性疾患は現在、治療法開発のフェーズに入ったと言ってもよいでしょう。読者の方には本書が提供する新たな知見を含めた情報の全体を俯瞰していただくことを希望いたします。(戸田達史先生巻頭言より)
特集以外にも興味ある記事を多数掲載しております。




2020年1月1日発行

遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、168頁
ISBN978-4-909508-05-8
特集コーディネーター:
 牛島俊和
  (国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野分野長)
本号の特集は「エピゲノム医療」です。エピゲノムの基本原理に始まり,先天異常症候群・がん・炎症性疾患・神経変性疾患・代謝疾患といった多様な疾患に加えて,生殖・再生医療分野でのエピゲノム解析の状況を第一線でご活躍中の先生方にご紹介いただきました。また,昨今話題となっているエピゲノムの経世代影響(エピゲノムの変化が世代を超えて伝わるのか?)についても最近の知見をご紹介いただくことができました。
エピゲノム情報は疾患病因・病態の解明,病型分類,予後予測などに活用され,エピゲノム研究から得られた新知見は,エピゲノム修飾薬などの形で,治療に応用されます。ゲノム医学・医療におけるエピゲノムの重要性は今後ますます高まると予想されます。
その他興味ある記事を多数掲載しております。




2019年11月1日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ4
最新小児・周産期遺伝医学研究
遺伝カウンセリング
編集: 中村公俊
 (熊本大学大学院生命科学研究部小児科学講座教授)
佐村 修
 (熊本大学大学院生命科学研究部産婦人科学講座准教授)
定価: 本体 6,300円+税、B5判、304頁
本書は遺伝子医学MOOK別冊,シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の第4弾として企画されたものです。
第1章は総論として小児・周産期医療に関わる遺伝医療体制の整備や課題、IRUDの現状と未来や多因子、先天異常、エピジェネティクス、遺伝学的検査、出生前診断の歴史、遺伝カウンセリングなど総説をいただいております。
第2章は小児編と周産期編に分け、主な遺伝性疾患の解説から遺伝学的検査法、現状での治療法について解説いただいております。
第3章も小児・周産期編に分け、各疾患のカウンセリング法についてケーススタディも含め執筆いただいております。
第4章は小児・周産期の遺伝医療における倫理・法・社会問題について執筆いただいております。




2019年10月1日発行

遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、158頁
ISBN978-4-909508-04-1
特集コーディネーター:
 櫻井晃洋
  (札幌医科大学医学部遺伝医学教授)
本号の特集は「遺伝用語を考える」です。今回、遺伝用語に関する特集が組まれることになった背景には、遺伝医療の普及によって医療者・一般市民の区別なく多くの人が遺伝情報に触れるようになりつつある中で、遺伝の現象や概念を社会全体で正確に共有することの重要性が認識されていることと、それに関連して遺伝用語の改訂・変更が議論されていることがあります。今回の特集では医学、遺伝学のほか、国語学を専門とする先生方やメディアの方など、様々な立場から遺伝用語について解説・考察していただいています。
また、特集以外にも目で見てわかる遺伝病、Hot Topics、Research、Learning、Lecture、Method、Technology、Genetic Counseling、私の遺伝カウンセリング日記、Statistical Genetics、Review(論文レビュー)、そしてヒト以外の遺伝子に関連する研究 NEXUSなど興味ある記事を多数掲載しております。




2019年7月1日発行

遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、176頁
ISBN978-4-909508-02-7
特集コーディネーター:
 小崎健次郎
  (慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター教授)
本号の特集は、「未診断疾患イニシアチブ:使命・成果・展望」です。
未診断疾患イニシアチブ(Initiative on Rare and Undiagnosed Diseases:IRUD)は未診断疾患と思われる患者への診察や解析を通じて診断確定や新規疾患を確立するプロジェクトです。本誌では、様々な立場でプロジェクトに取り組んでおられる先生方に現時点におけるIRUDの医学的成果・社会的成果を、多角的にまとめていただいております。
また、特集以外にも目で見てわかる遺伝病、Hot Topics、Research、Learning、Lecture、Technology、Genetic Counseling、私の遺伝カウンセリング日記、Statistical Genetics、倫理・法・社会 ELSI、そしてヒト以外の遺伝子に関連する研究 NEXUSなど興味ある記事を多数掲載しております。




遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、160頁
ISBN978-4-909508-00-3
特集コーディネーター:
 関沢明彦 (昭和大学医学部産婦人科学講座教授)
本号の特集は、ますます注目を集める「周産期の遺伝医学」です。研究として発展してきた先天性疾患の診断や出生前遺伝学的検査の進歩をどのように一般診療へ還元してゆくか、倫理的側面、母体年齢の高齢化、対象となる疾患、そして流死産や胎児異常への新しいアプローチやNIPTの新たな可能性、これからのあるべき出生前診断体制まで一線で活躍されている先生方にご執筆いただいております。
特集以外にも目で見てわかる遺伝病、Hot Topics、Research、Learning、Lecture、Method、Technology、Genetic Counseling、私の遺伝カウンセリング日記、Statistical Genetics、そしてヒト以外の遺伝子に関連する研究 NEXUSなど興味ある記事を多数掲載しております。




2019年3月20日発行

生命倫理学を学ぶための副読本
私の生命倫理学ノート
−医療現場における倫理分析の原理と演習−
(ISBN978-4-909508-01-0)

著者: 千代豪昭
 (元 お茶の水女子大学教授
  日本人類遺伝学会名誉会員(臨床遺伝専門医) )
定価: 本体 3,500円+税、B5判、204頁

本書は現代生命論を背景にした人間の「倫理行動発生仮説」を提唱したうえで、医療現場での利用を目標に、原理原則主義に基づく「実践的な倫理分析技法」を解説しました。哲学的な議論に慣れていない医療従事者にも容易に理解していただくことをめざしました。医療従事者と一口にいっても職種の違いで倫理観は微妙に異なることがあります。医療メンバー一人ひとりの倫理観が異なっていることを前提に、一定の理論と原則に基づく議論を行い、「患者中心の医療」に向けてチームとして一定の結論を導くための技術を学んでいただきたいと思います。(著者:発行にあたってより抜粋)




遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、168頁
ISBN978-4-944157-29-7
特集コーディネーター:
 吉田雅幸
  (東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科先進倫理医科学教授
   東京医科歯科大学医学部附属病院遺伝子診療科科長)




2018年11月30日発行

遺伝子医学MOOK 34号
臨床応用に向けた疾患シーケンス解析
編集: 松本直通
 (横浜市立大学大学院医学研究科遺伝学教授)
難波栄二
 (鳥取大学研究推進機構研究戦略室教授
  鳥取大学医学部附属病院遺伝子診療科)
古川洋一
 (東京大学医科学研究所臨床ゲノム腫瘍学分野教授)
定価: 本体 5,300円+税、B5判、228頁
本誌は現在、次世代シーケンス(NGS)が臨床応用に向けて大きく動き出している中、その特筆すべき技術解説と実臨床への研究が進む「難病」、「IRUD」、「周産期」、「がん」そして「人材育成」シーケンスに関して極めて重要な「データベース」、「精度管理」、「ELSI」など、第一線で活躍されているアクティブな研究者の方々を中心にご執筆いただいております。




遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、200頁
ISBN978-4-944157-30-3
特集コーディネーター:
 小杉眞司
  (京都大学大学院医学研究科医療倫理学・遺伝医療学分野教授)
 武藤 学
  (京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療学講座教授)




2018年10月10日発行

人間の「いのち」を考える
−人類遺伝学、遺伝臨床、生命倫理学の立場から−
(ISBN978-4-944157-27-3)


著者: 千代豪昭
 (元 お茶の水女子大学大学院人間文化研究科教授
  現 クリフム夫律子マタニティクリニック副院長)
定価: 本体 2,000円+税、A5判、114頁

本書は臨床遺伝専門医にして人類遺伝学研究者でもある著者が、あるボランティアグループが2015年に開催した指導者研修で1日かけて講演した内容をベースに大学で講義を行ってきた内容も加えて改編されたものです。
難しいテーマでもあるので、医学や生物学の素養がない方でも理解しやすいよう最初の研修会の講演スタイルを残し、講師と参加者が同じ目線で話し合う形で執筆されています。
キーワードは 「生命論から「いのち」を考える」 「人間とは」 「いのちの質」 「障害」 「先天異常」 「胎児医療」 「倫理と法律」 「生命倫理学」 など盛りだくさんです。




2018年6月25日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ3
最新多因子遺伝性疾患研究
遺伝カウンセリング
編集: 櫻井晃洋
 (札幌医科大学医学部遺伝医学教授)
定価: 本体 6,300円+税、B5判、300頁
本書は遺伝子医学MOOK別冊,シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の第3弾として企画されたものです。
第1章では多因子疾患と遺伝学の総論,それに続く各論では,第2章の新生児〜小児期と第3章の成人期に分けて,主な多因子疾患の最新の遺伝医学研究や遺伝医学と結びついた診療について,第4章では代表的な多因子疾患の遺伝カウンセリングについてケーススタディの形で紹介しています。第5章では遺伝情報の提供者を不利益から守る取り組みや,医療を介さずにゲノム解析サービスを行うdirect-to-consumer遺伝子検査ビジネスなど様々な問題について解説されています。(序文より抜粋)





遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ2
最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ1
最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリング
遺伝カウンセリングのためのコミュニケーション論
京都大学大学院医学研究科遺伝カウンセラーコース講義
遺伝子医学MOOK別冊
いまさら聞けない
『遺伝医学』






遺伝子医学MOOK別冊
遺伝カウンセリング
ハンドブック
遺伝子医学別冊
これだけは知っておきたい遺伝子医学の基礎知識
放射線被ばくへの不安を軽減するために
医療従事者のためのカウンセリングハンドブック
遺伝医療と倫理・
法・社会

遺伝子医学の基礎知識




遺伝子医学MOOK33号
遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析

−病態解明から個別化医療,ゲノム創薬まで−
遺伝子医学MOOK32号
難病研究up-to-date

−臨床病態解析と新たな診断・治療法開発をめざして−
遺伝子医学MOOK31号
がん免疫療法

−What's now and what's next ?−
遺伝子医学MOOK30号
今,着実に実り始めた遺伝子治療

−最新研究と今後の展開




遺伝子医学MOOK29号
オミックスで加速する
がんバイオマーカー
研究の最新動向

リスク評価,早期診断,治療効果・予後予測を可能にする新しいバイオマーカー
遺伝子医学MOOK28号
ますます臨床利用が
進む遺伝子検査

−その現状と今後の展開そして課題−
遺伝子医学MOOK27号
iPS細胞を用いた
難病研究
−臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見
遺伝子医学MOOK25号
エピジェネティクスと
病気


残り僅か




遺伝子医学MOOK23号
臨床・創薬利用が
見えてきた
microRNA
残り僅か
遺伝子医学MOOK16号
メタボロミクス:その解析技術と臨床・創薬応用研究の最前線
遺伝子医学MOOK15号
最新RNAと疾患研究
今、注目のリボソームから 疾患・創薬応用研究までRNAマシナリーに迫る
遺伝子医学MOOK10号
DNAチップ/マイクロアレイ臨床応用の実際
        
     

遺伝子医学1〜25号
(特集タイトルのみ)


1号 遺伝子医学の最前線
2号 ガンと遺伝子
3号 感染症と遺伝子
4号 臓器移植と遺伝子
5号 医薬品開発と遺伝子
6号 脳と遺伝子
7号 免疫と遺伝子
8号 シグナル伝達と遺伝子
9号 家族性腫瘍と遺伝子
座談会・遺伝子医学と生命倫理
10号 生活習慣病と遺伝子
11号 新世紀医療をめざして-SNPとDNAチップ
12号 新世紀医療をめざしてU−クローンと再生医学−Cell therapyに向かう医学のフロンティア−
13号 新世紀医療をめざしてV−ゲノムサイエンスを加速するバイオインフォマティクス
14号 新世紀医療をめざしてW−プロテオミクスと創薬
15号 新世紀医療をめざしてX−Pharmacogenomics
16号 新展開を見せる心血管病
17号 遺伝子検査の最前線−その最新知見からカウンセリング・インフォームドコンセントまで
18号 Tissue Engineering−幹細胞工学から医療工学へ−
19号 遺伝子複合治療−技術的新展開を見せる遺伝子治療
20号 ポストゲノム時代の造血器腫瘍の分子機序解明と分子標的療法への挑戦
21号 再生医療とDDS−組織再生療法をめざした細胞増殖因子、遺伝子のフロンティア技術
22号 核内受容体と疾患
23号 ここまで解った神経変性疾患の最先端研究−アルツハイマー、パーキンソン病を中心に
24号 Gタンパク質共役受容体と脳機能
座談会・ヒトゲノム解読完了のインパクト
25号 RNA interference 医学への展開−今、RNAiがおもしろい−




(C) 2000 Medical Do, Co., Ltd.