創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ

正誤表
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net

トランスレーショナルリサーチを支援する
 遺伝子医学MOOK

  「遺伝子医学」をリニューアル

  「遺伝子医学MOOK(ムック)」 

「遺伝子医学MOOK」は、弊社が1997年より発行しておりました季刊誌「遺伝子医学」を2004年度より単行本形態に変更し、年間45冊発行しております。
本誌は、
DNARNA、タンパク質、細胞、組織、個体レベルでの最新の生物学的基礎研究、医学的基礎研究、またこれらを支えるテクノロジーからこれら基礎研究を新たな検査、診断、治療、医薬品開発へと結ぶトランスレーショナルリサーチをその編集コンセプトにし、単行本形態で発行する書籍です。
「遺伝子医学」ではページ数に限りがあり、各特集テーマについて深く掘り下げて掲載しきれませんでしたが、「遺伝子医学MOOK」では充実した一冊をお届けすることができるものと確信しております。
* 別冊も発行しております。



2018年4月15日発行

遺伝子医学MOOK 33号
遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析
- 病態解明から個別化医療,ゲノム創薬まで -

(ISBN978-4-944157-63-1)

編集: 岡田随象
 (大阪大学大学院医学系研究科遺伝統計学教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、272頁
遺伝統計学(statistical genetics)は,遺伝情報と形質情報の結びつきを,統計学の観点より評価する学問分野です。遺伝学と統計学はかねてより深い関わりがあり,遺伝統計学は双方の学問の発展に寄与する形で進化を遂げてきました。近年では,疾患ゲノムデータを多彩な生物学・医学データと分野横断的に統合し,疾患病態の解明や新規ゲノム創薬,個別化医療へと活用する際に有用な学問としても注目を集めています。しかし,遺伝統計学を担う人材は本邦では特に少なく,学問としての知名度も十分とは言い難い状況にあります。
このような背景を元に,本書「遺伝統計学と疾患ゲノムデータ解析−病態解明から個別化医療,ゲノム創薬まで−」を企画しました。
第1章は遺伝統計学の基礎理論について,第2章は最新のデータ解析技術について,第3章は本邦におけるゲノム情報の社会実装の最前線での取り組みについて,第4章はゲノム・エピゲノム解析とがんゲノム解析に分け,独自の解析手法の開発者を対象にご執筆いただいております。 (序文より抜粋)




2017年12月31日発行

遺伝子医学MOOK 32号
難病研究up-to-date
- 臨床病態解析と新たな診断・治療法開発をめざして -

(ISBN978-4-944157-62-4)

編集: 松原洋一
 (国立成育医療研究センター研究所長
  東北大学名誉教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、288頁
「難病」という用語,概念はわが国独特のものです。従来この難病には,原因不明,病態未解明,治療法未確立などという重苦しいイメージが付帯していましたが,次世代シークエンサーなど近年の遺伝子解析技術の進歩により,疾患発症の原因となる遺伝子変異や遺伝的素因を短期間のうちに解明できるようになりました。いったん病因遺伝子が特定できれば,疾患の病態解明と治療法探索にとって大きな第一歩となります。様々な難病の病態解明に伴い,その治療法の開発についても近年著しい進展が認められます。
本書は,難病の診断と病態解析,病態モデル作製,治療法(総論・各論),今後の研究展開の展望で構成され,一読すれば概略が理解できるように編集されています。 (序文より抜粋)




2017年7月31日発行

遺伝子医学MOOK 31号
がん免疫療法
- What's now and what's next? -




(ISBN978-4-944157-61-7)

監修: 珠玖 洋
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授
  三重大学複合的がん免疫療法リサーチセンター長)
編集: 池田裕明
 (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科腫瘍医学分野教授)
影山愼一
 (三重大学大学院医学系研究科遺伝子・免疫細胞治療学教授)
西川博嘉
 (国立がん研究センター先端医療開発センター免疫TR分野長
  名古屋大学大学院医学系研究科微生物・免疫学講座
  分子細胞免疫学教授)
定価: 5,778円(本体 5,350円+税)、B5判、294頁

最近の免疫チェックポイントを中心としたがん免疫療法の大きな成功は,長年様々な角度から続けられてきた開発努力の方向の正しさを力強く立証するものとなり,また,科学的視点からの大きな展開は,長年仮説として提案されてきた「宿主のがんに対する免疫監視機構」の存在を疑いようもなく明らかにしました。様々ながん種における免疫チェックポイント抗体の有効な患者さんの存在は,今後ヒトにおける免疫監視機構のより詳細なメカニズムの解析を提供しはじめています。
本書では,できるだけ網羅的に分野全体をカバーし,がん免疫研究分野での第一線の研究者の方々に新しい取り組みを含めてご解説いただいております。 (「監修によせて」より抜粋)




好評発売中!(遺伝子医学MOOK 1〜30号)

30号 29号 28号
27号 26号 25号 24号
23号 22号 21号 20号
19号 18号 17号 16号
15号 14号 13号 12号
11号 10号 9号 8号
7号 6号 5号 4号
3号 2号 1号
別冊はこちら
  


(C) 2000 Medical Do, Co., Ltd.