創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net
トランスレーショナルリサーチを支援する

エピジェネティクスと病気
 (ISBN978-4-944157-55-6)
監修 :
佐々木裕之
 (九州大学生体防御医学研究所エピゲノム制御学分野教授)


編集 : 中尾光善
 (熊本大学発生医学研究所細胞医学分野教授)
中島欽一
 (九州大学大学院医学研究院応用幹細胞医科学部門教授)
定価 本体 5,333円+税、B5判288頁
2013年8月31日発行
病気におけるエピジェネティクスの役割が注目されております。本書ではヒトの病気をエピジェネティクスの観点からそれぞれの病気についての研究の現状を執筆いただくとともに、またエピジェネティクスを標的とした診断や創薬についても、その現状や基礎的技術を知る専門家の方々に解説いただいております。

 
* 本書籍は、残り僅か・表紙等に少々難ありです。
本書籍をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 5,333円+税
本書籍は、電子書籍(個人向け)でもご購入いただけます。
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。


 
内容目次
序文  (佐々木裕之)
●第1章 エピジェネティクスの基礎
 1. DNAのメチル化
  (末武 勲)
 2. ヒストンの脱メチル化とその機能
  (立花 誠)
 3. ポリコーム群による遺伝子抑制とエピジェネティック治療への貢献
  (磯野協一)
 4. ノンコーディングRNAとエピジェネティクス
  (坂口武久・佐渡 敬)
 5. エピゲノム解析法
  (油谷浩幸)
 6. 国際ヒトエピゲノムコンソーシアム
  (牛島俊和・服部奈緒子・波羅 仁)
●第2章 エピジェネティクスと病気
1.がん
 1) 胃がん
  (秋山好光)
 2) 肝細胞がん
  (新井恵吏・金井弥栄)
 3) 脳腫瘍の発生に関わるエピジェネティクス異常
  (大岡史治・近藤 豊)
 4) 血液腫瘍
  (大木康弘)
 5) 乳がんのエピゲノム異常と診断・治療への応用
  (藤原沙織・冨田さおり・中尾光善)
 6) がんと細胞老化
  (金田篤志)
 7) 細胞初期化と発がん
  (蝉 克憲・山田泰広)
2.環境相互作用・多因子疾患
 1) エネルギー代謝のエピジェネティック制御と疾患
  (阿南浩太郎・中尾光善・日野信次朗)
 2) 糖尿病
  (亀井康富・小川佳宏)
 3) 高血圧,腎臓病でのエピジェネティクスの役割
  (丸茂丈史・藤田敏郎)
 4) アレルギー性疾患
  (滝沢琢己)
 5) 骨関節疾患におけるエピジェネティクス
  (今井祐記)
 6) Helicobacter pylori 感染によるDNAメチル化異常の誘発
  (丹羽 透・牛島俊和)
 7) 環境化学物質とエピゲノム
  (五十嵐勝秀)
3.精神神経疾患
 1) エピジェネティクスと神経疾患
  (岩田 淳)
 2) エピジェネティクスと精神疾患
  (菅原裕子・文東美紀・石郷岡 純・加藤忠史・岩本和也)
 3) レット症候群とMeCP2
  (辻村啓太・入江浩一郎・中嶋秀行・中島欽一)
 4) エピジェネティクスと脳機能
  (久保田健夫・三宅邦夫・平澤孝枝)
 5) 脊髄損傷
  (上薗直弘・松田泰斗・中島欽一)
4.不妊・先天異常
 1) ヒト生殖補助医療(ART)とエピジェネティクスの異常
  (千葉初音・岡江寛明・有馬隆博)
 2) 産科異常のエピジェネティクス
  (右田王介・秦 健一郎)
 3) Prader-Willi症候群とAngelman症候群
  (齋藤伸治)
 4) Beckwith-Wiedemann症候群と小児腫瘍
  (東元 健・副島英伸)
 5) インプリント異常症
  (鏡 雅代)
 6) DNAメチル化酵素異常症
  (鵜木元香・新田洋久・佐々木裕之)
 7) ヒストン修飾酵素異常症
  (黒澤健司)
 8) コルネリアデランゲ症候群(CdLS)
  (泉 幸佑・白髭克彦)
●第3章 エピジェネティクスの技術開発と創薬
 1. DNA修飾の化学的解析の最新基本原理の紹介
  (岡本晃充)
 2. メチローム解析
  (三浦史仁・伊藤隆司)
 3. ヒストン修飾検出法
  (木村 宏・佐藤優子)
 4. iChIP法による特定ゲノム領域の単離と結合分子の同定
  (藤井穂高)
 5. 次世代エピジェネティックドラッグ開発の最前線
  (鈴木孝禎)
 6. エピジェネティクス可視化技術と創薬
  (佐々木和樹・吉田 稔)
 7. 再生医療とエピジェネティクス
  (梅澤明弘・西野光一郎)
●索引

●本書籍のご購入は、こちら




●個人向け電子書籍のご購入は、こちら


(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.