創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net

2015年2月5日発行

遺伝子医学MOOK 27号
iPS細胞を用いた難病研究
−臨床病態解明と創薬に向けた研究の最新知見
編集: 中畑龍俊
 (京都大学iPS 細胞研究所副所長,
  臨床応用研究部門特定拠点教授)
定価: 5,616円(本体 5,200円+税)、B5判、228頁
疾患をもつ患者の体細胞から人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cells:iPS 細胞)を樹立し(疾患特異的iPS 細胞)、患者の罹患細胞へ分化させることにより、従来得ることが極めて困難であった神経細胞や心筋細胞をiPS 細胞から大量に培養し、解析に用いることが可能となった。疾患特異的iPS 細胞は、患者の病態を反映し、臨床へと結びつけるツールとして、疾患の病態解析、疾患モデル構築、創薬などへの応用が可能なことから、幅広い臨床への貢献が期待されている。(中畑龍俊先生、特集によせてより)
本書は現在国内多施設において精力的に進められているiPS 細胞を利用した疾患研究、特に「難病疾患」にフォーカスし、その臨床的病態解明から創薬に向けた最新の研究成果をこの1冊に取りまとめております。




遺伝子医学MOOK25号
エピジェネティクスと
病気
遺伝子医学MOOK22号
最新疾患モデルと
病態解明,創薬応用研究,細胞医薬創製研究の最前線
遺伝子医学MOOK20号
ナノバイオ技術と最新創薬応用研究
遺伝子医学MOOK18号
創薬研究への分子イメージング応用
遺伝子医学MOOK17号
事例に学ぶ。実践、臨床応用研究の進め方
遺伝子医学MOOK13号
患者までとどいている
再生誘導治療
遺伝子医学MOOK9号
ますます広がる
分子イメージング技術
遺伝子医学MOOK5号
ウイルスを用いない
遺伝子導入法の
材料、技術、方法論の新たな展開
遺伝子医学MOOK1号
再生医療への
ブレイクスルー
遺伝子医学MOOK別冊
細胞の3次元組織化
−その最先端技術と材料技術
これ一冊で再生医療の
すべてがわかる

自然治癒力を介して
病気を治す。
体にやさしい医療
「再生医療」
遺伝子医学MOOK別冊
ここまで広がる
ドラッグ徐放技術の
最前線
遺伝子医学MOOK別冊
はじめての
臨床応用研究
遺伝子医学MOOK別冊
ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術
遺伝子医学MOOK別冊
進みつづける細胞移植治療の実際
【上巻】
遺伝子医学MOOK別冊
進みつづける細胞移植治療の実際
【下巻】

遺伝子医学MOOK別冊
絵で見てわかる
ナノDDS
進みつづける細胞移植治療の実際 〈上巻〉 進みつづける細胞移植治療の実際 〈下巻〉 絵で見てわかるナノDDS
遺伝子医学別冊
ドラッグデリバリーシステムDDS技術の新たな展開とその活用法
遺伝子医学別冊
これだけは知っておきたい遺伝子医学の
基礎知識


遺伝子医学別冊
図・写真で観る発生・再生実験マニュアル
残り僅か
遺伝子医学の基礎知識 図・写真で観る発生・再生実験マニュアル


遺伝子医学1〜25号(特集タイトルのみ)
    
1号 遺伝子医学の最前線
2号 ガンと遺伝子
3号 感染症と遺伝子
4号 臓器移植と遺伝子
5号 医薬品開発と遺伝子
6号 脳と遺伝子
7号 免疫と遺伝子
8号 シグナル伝達と遺伝子
9号 家族性腫瘍と遺伝子
座談会・遺伝子医学と生命倫理
10号 生活習慣病と遺伝子
11号 新世紀医療をめざして-SNPとDNAチップ
12号 新世紀医療をめざしてU−クローンと再生医学−Cell therapyに向かう医学のフロンティア−
13号 新世紀医療をめざしてV−ゲノムサイエンスを加速するバイオインフォマティクス
14号 新世紀医療をめざしてW−プロテオミクスと創薬
15号 新世紀医療をめざしてX−Pharmacogenomics
16号 新展開を見せる心血管病
17号 遺伝子検査の最前線−その最新知見からカウンセリング・インフォームドコンセントまで
18号 Tissue Engineering−幹細胞工学から医療工学へ−
19号 遺伝子複合治療−技術的新展開を見せる遺伝子治療
20号 ポストゲノム時代の造血器腫瘍の分子機序解明と分子標的療法への挑戦
21号 再生医療とDDS−組織再生療法をめざした細胞増殖因子、遺伝子のフロンティア技術
22号 核内受容体と疾患
23号 ここまで解った神経変性疾患の最先端研究−アルツハイマー、パーキンソン病を中心に
24号 Gタンパク質共役受容体と脳機能
座談会・ヒトゲノム解読完了のインパクト
25号 RNA interference 医学への展開−今、RNAiがおもしろい−

    
  


2000-2010 (c) Medical Do All rights reserved.