創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ

正誤表
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net

遺伝子医学MOOK別冊

2017年4月30日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ2
最新精神・神経遺伝医学研究
遺伝カウンセリング

(ISBN978-4-944157-65-5)

編集: 戸田達史
(東京大学大学院医学系研究科 神経内科学 教授)
定価: 6,804円 (本体 6,300円+税)、B5判、308頁
本書/最新精神・神経遺伝医学研究と遺伝カウンセリングは、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の第一弾/最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究と遺伝カウンセリングに次ぐシリーズの第2弾で、精神・神経疾患に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集された書籍です。
第1章では総論として遺伝医学のみに関わらず精神・神経疾患研究での最新テクノロジー(歴史的背景、ゲノムワイド関連解析、次世代・次々世代シークエンサー、クリニカルシークエンシング、ゲノム編集、iPS細胞を用いた疾患解析・創薬研究、光遺伝学、イメージング…その他)までを含み解説、第2章では脳血管障害、アルツハイマー病、パーキンソン病など代表的な精神・神経疾患の遺伝医学研究・診療の各論を、第3章ではケーススタディを駆使して精神神経遺伝カウンセリングの各論について、第4章では患者登録、患者会、難病支援制度、ELSIなど倫理的・法的・社会的問題について解説されています。




2016年8月31日発行

遺伝子医学MOOK別冊
シリーズ:最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング
シリーズ1
最新遺伝性腫瘍・家族性腫瘍研究
遺伝カウンセリング

(ISBN978-4-944157-67-9)

編集: 三木義男
(東京医科歯科大学難治疾患研究所分子遺伝分野教授)
定価: 6,804円 (本体 6,300円+税)、B5判、336頁
本書は、遺伝子医学MOOK別冊、シリーズ「最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリング」の中で、遺伝性腫瘍・家族性腫瘍に焦点を当て、臨床家、研究者、カウンセラーの方々を対象に編集されております。
遺伝性/家族性腫瘍研究・診療および遺伝カウンセリングの分野でも、日々、新たな技術や情報が報告されていると言っても過言ではありません。
第1章では総論を、第2章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の各論を、そして第3章では遺伝カウンセリングの重要性を鑑み、がん遺伝カウンセリングの研究を含めた各論を、最後に第4章では遺伝性/家族性腫瘍研究・診療の倫理的問題に関しても各専門家の先生方に詳述いただいております。





遺伝子医学MOOK別冊
次世代ペプチド医薬創製
(ISBN978-4-944157-68-6)

編集: 赤路健一(京都薬科大学薬品化学分野教授)
定価: 3,240円(本体 3,000円+税)、B5判、140頁
2014年8月20日発行
本書はバイオ医薬品の持つ選択性を生かせる医薬品としてまた、バイオ医薬品より価格が抑えられる医薬品として改めて期待されるようになったペプチド医薬品について、取り分け21世紀の新しい糖尿病治療薬として承認されたエキセナチドやリラグルチドに続く次世代ペプチド医薬について、その創製に向け解決すべきいくつかの課題を第一線の研究者により解説がなされている一冊です。





遺伝子医学MOOK別冊
いまさら聞けない『遺伝医学』
(ISBN978-4-944157-70-9)

編集: 斎藤加代子
 (東京女子医科大学附属遺伝子医療センター所長・教授)
近藤 恵里
 (恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター
  愛育病院 小児科/東京女子医科大学附属遺伝子
  医療センター非常勤講師
定価: 3,996円(本体 3,700円+税)、B5判、200頁
2014年4月30日発行
近年のゲノム研究と細胞遺伝学研究の進歩を通して、遺伝医学、すなわちヒトにおける生命情報の継承と多様性の分析の学問分野の発展がなされてきています。この遺伝医学領域の進歩やトピックスを正確に、かつわかりやすく説明している書籍が少ない中、本書は、2012年に開催された日本人類遺伝学会第57回大会において、大変人気のあった「いまさら聞けない遺伝医学」という講座の内容を書き下ろしていただいたものです。「ちょっと聞いてみたいけれど、いまさら聞きにくい」テーマを、最新情報も踏まえてまとめていただいております。一般の方々、疾患をもつ方やそのご家族、遺伝に関心のある方々、研究者、医学生、そして医療関係者の皆様にお役に立つ内容になっております。





遺伝子医学MOOK別冊
細胞の3次元組織化−その最先端技術と材料技術
再生医療とその支援分野(細胞研究,創薬研究)への応用と発展のために

編集: 田畑泰彦
 (京都大学再生医科学研究所生体材料学分野教授)
(ISBN978-4-944157-71-6)



定価: 6,264円(本体 5,800+税)、A4変型判、372頁
2014年2月28日発行
本書は今後の生物医学研究から再生治療までを支える 「細胞3次元組織化」 に注目し、3次元組織化に関連して重要になっていくであろう分野・領域でお仕事をされている第一線の先生方に、細胞の3次元組織化のための材料、加工材料技術、および培養技術、細胞3次元組織化培養のための周辺技術などについて、それぞれの分野・領域における現在の世界的研究動向、日本の位置づけ、執筆者の最新の研究成果やその関連事項、将来展望などについて簡潔に述べていただいております。





遺伝子医学MOOK別冊 (ISBN978-4-944157-73-0)
細胞死研究の今
−疾患との関わり,創薬に向けてのアプローチ
編集: 辻本賀英
(大阪大学大学院医学系研究科遺伝医学講座遺伝子学教授)
定価: 2,700円(本体 2,500円+税)、B5判、108頁
2013年9月30日発行





遺伝子医学MOOK別冊
ここまで広がるドラッグ徐放技術の最前線
−古くて新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)−
編集: 田畑泰彦(京都大学再生医科学研究所生体材料学分野教授) (ISBN978-4-944157-74-7)
定価: 6,171円(本体 5,714円+税)、A4変型判、376頁
2013年3月20日発行
本書はDDS の徐放化に焦点を当て、徐放に用いられている材料から治療・診断・予防などの医療応用、再生医療、ライフサイエンス、生物研究への応用など、できる限り広範囲をカバーするよう編集されております。
DDS 徐放研究に携わっている、あるいは将来、関連していくであろう分野・領域において仕事をされている第一線の先生方にそれぞれの分野・領域のオーバービュー、国内外における最近の進歩、日本の位置づけ、執筆者の最新の研究成果やその関連事項、臨床応用への実際やその可能性など、将来展望、今後の方向性と課題などについて簡潔に述べていただいております。





創薬研究シリーズ
遺伝子医学MOOK別冊
最新創薬インフォマティクス活用マニュアル 
編集 奥野恭史
(京都大学大学院薬学研究科システム創薬科学講座教授)
(ISBN978-4-944157-75-4)
定価 4,629円 (本体 4,286円+税)、A4変型判、168頁
2011年10月31日発行
創薬インフォマティクスは、創薬のためのインフォマティクス、創薬に特化した情報科学技術です。先端計測技術を用いて得られた多種多様な計算データを解析する手段として、医薬品開発現場でもコンピュータは欠かせないものになっています。本書は、創薬計算技術の可能性を広く知ってもらうため、創薬現場での実践的な利用を重視したソフトウエアの紹介や具体的な使い方を中心としたマニュアル的な書籍としてまとめられています。





遺伝子医学MOOK別冊
遺伝カウンセリングハンドブック
編   集 福嶋義光(信州大学医学部遺伝医学・予防医学講座教授)
編集協力 山内泰子
(川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科准教授)
安藤記子
(北里大学薬学部薬学教育研究センター医療心理学部門助教)
四元淳子
(昭和大学病院産婦人科 / ブレストセンター)
河村理恵
(信州大学大学院医学系研究科遺伝医学・予防医学講座)
定   価 8,023円 (本体 7,429円+税)、B5判、440頁
2011年7月20日発行
(ISBN978-4-944157-76-1)


現在、あらゆる医療の場で遺伝情報が利用されるようになっております。そのためには適切な遺伝カウンセリングの実施が必要です。本書は、遺伝カウンセリングの流れに沿う形で、「総論」「基礎編」「応用編」「資料編」の4部から構成され、認定遺伝カウンセラー資格を得た方、認定遺伝カウンセラー養成に関係している教育者の方々を中心にご執筆いただいております。遺伝カウンセリングの基礎を学ぶための教科書として、また遺伝カウンセリングを実施する際の手引書としてご利用いただける一書です。





遺伝子医学MOOK別冊
ペプチド・タンパク性医薬品の
新規DDS製剤の開発と応用
編集 山本 昌(京都薬科大学薬剤学分野教授)
定価 5,760円 (本体 5,333円+税)、B5判、288頁
2011年6月10日発行
(ISBN978-4-944157-77-8)
本書は、ペプチド・タンパク性医薬品についての投与部位からの吸収、その後の体内動態制御ならびに標的指向制御の方法をすべて網羅し、これら医薬品の投与形態や体内動態を研究されている研究者の方々にとって大いに役立つ内容となっております。又、本書はバイオ医薬品、抗体医薬品などの合成や生理活性について研究されている研究者の方々にも一読をお勧めしたい内容の1冊となっております。





遺伝子医学MOOK 別冊
はじめての臨床応用研究
本邦初 !! よくわかるアカデミアのための臨床応用研究実施マニュアル
編集 川上浩司 (京都大学大学院医学研究科薬剤疫学分野教授) (ISBN978-4-944157-78-5)
定価 3,394円(本体 3,143円+税)、B5判、156頁
2010年11月10日発行
本書は、これから臨床応用研究を実施しようと志すアカデミアなどの研究者のために、臨床応用研究全体の流れや体制作りについてわかりやすくまとめた、本邦初のアカデミアのための臨床応用研究実施マニュアルです。多角的に臨床応用研究(あるいは橋渡し研究、トランスレーショナルリサーチ)を実践している京都大学大学院医学研究科、京都大学医学部附属病院探索医療センターの教員、研究員の方々を中心に執筆いただいております。





遺伝子医学MOOK 別冊
創薬技術の革新:
マイクロドーズからPET分子イメージングへの新展開
編集 杉山雄一(東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学教室教授) (ISBN978-4-944157-80-8)
山下伸二(摂南大学薬学部薬剤学研究室教授)
栗原千絵子(放射線医学総合研究所
           分子イメージング研究センター主任研究員)
定価 5,760円(本体 5,333円+税)、B5、252頁
2010年10月20日発行
本書は、初期の段階よりヒトでの医薬品候補化合物の性能を評価するという臨床開発の新たな時代において、最も注目されるマイクロドーズ臨床試験、PET分子イメージング技術の最先端の研究動向、技術応用、倫理・規制の各方面について、第一線の研究者の方々により集大成された特集となっております。(本書、巻頭言より抜粋)





遺伝子医学MOOK 別冊
薬物の消化管吸収予測研究の最前線

監修: 杉山雄一(東京大学大学院薬学系研究科分子薬物動態学教室教授)  (ISBN978-4-944157-81-5)
編集: 山下伸二(摂南大学薬学部薬剤学研究室教授)
森下真莉子(星薬科大学薬剤学教室准教授)
定価 3,240円(本体 3,000円+税)B5140
2010年3月20日発行
「薬物消化管吸収」の研究は,近年,消化管の代謝酵素や,排出トランスポーターの役割が明らかになってくるにつれ,飛躍的に進んできています。
経口用の医薬品の開発段階において、候補化合物のバイオアベイラビリティが低いのは、薬物の吸収性の低さに起因するのか、あるいは消化管・肝臓の初回通過代謝・排泄や、消化管でのトランスポーターによる排出に起因するのかを知ることは創薬研究において非常に重要です。
本書は、製薬企業における研究者(薬物動態、製剤、DDS、医薬品化学、薬理、臨床開発)、大学において創薬動態・製剤に関わる基礎・実用研究をめざしておられる研究者、トランスレーショナルリサーチに従事されている薬学・医学・工学の研究者、病院薬剤師の方々を対象に、本領域の最先端で活躍中のアカデミア・企業のエキスパートの先生方にご執筆いただいております。





遺伝子医学MOOK 別冊
ますます重要になる細胞周辺環境(細胞ニッチ)の最新科学技術
細胞の生存、増殖、機能のコントロールから創薬研究、再生医療まで
編集: 田畑泰彦(京都大学再生医科学研究所教授)
定価 6,017円(本体 5,571円+税)、A4変型判、376頁
2009年8月31日発行
近年、増殖分化能力の高い幹細胞ならびにその関連の生物医学研究の進歩はめざましく、再生医療には大きな期待が寄せられています。再生医療の実現には、細胞とともに、細胞を健康的に生かし働かせるための細胞周辺環境が必要であり、この研究を進めるためには、生物医学、工学、薬学、理学などの複数の異種の学術分野が有機的に融合することが不可欠です。
本書は、将来、細胞周辺環境に関連して重要になっていくであろうそれぞれの分野・領域の第一線で活躍されている先生方により、現在の世界的な研究動向、日本の位置づけ、執筆者の最新の研究成果やその関連事項、将来展望、加えて、生物医学研究や再生医療との関連性などについて簡潔に述べられた一書です。
(ISBN978-4-944157-84-6)





遺伝子医学MOOK 別冊
進みつづける細胞移植治療の実際
−再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解−


 《下巻》 細胞移植治療の現状とその周辺環境

編集: 田畑泰彦(京都大学再生医科学研究所生体材料学分野教授)
定価: 5,554円(本体 5,143円+税)B5、288頁
2008年5月31日発行
本書は上巻と下巻の2部構成であり、上巻の「移植治療に用いる細胞とその周辺科学・技術」、下巻の「細胞移植治療の具体例、細胞移植治療の周辺環境」からなっている。
下巻では細胞の種類から見た細胞移植治療の現状や細胞移植治療が実現化していくために必要な事項について、分野・領域における現在の世界的研究動向、日本の位置づけ、執筆者の最新の研究成果やその関連事項、将来展望、今後の方向性、加えて再生誘導治療の実現への課題などについて全体像を簡潔にまとめている。
 (ISBN978-4-944157-87-7)





遺伝子医学MOOK 別冊
進みつづける細胞移植治療の実際
−再生医療の実現に向けた科学・技術と周辺要素の理解−


 《上巻》 細胞移植治療に用いる細胞とその周辺科学・技術

編集: 田畑泰彦(京都大学再生医科学研究所生体材料学分野教授)
定価: 5,554円(本体 5,143円+税)B5、268頁
2008年4月30日発行
本書は上巻と下巻の2部構成であり、上巻の「移植治療に用いる細胞とその周辺科学・技術」、下巻の「細胞移植治療の具体例、細胞移植治療の周辺環境」からなっている。
上巻では「細胞」という言葉をキーワードに生物医学、生体組織工学研究について、分野・領域における現在の世界的研究動向、日本の位置づけ、執筆者の最新の研究成果やその関連事項、将来展望、今後の方向性、加えて再生誘導治療の実現への課題などについて全体像を簡潔にまとめている。
 (ISBN978-4-944157-86-0)





遺伝子医学MOOK 別冊
絵で見てわかるナノDDS
マテリアルから見た治療・診断・予後・予防、ヘルスケア技術の最先端


編集: 田畑泰彦(京都大学再生医科学研究所生体材料学分野教授)
定価: 5,760円(本体 5,333円+税)、A4変型判、252頁
2007年12月5日発行
DDSの実現には、生物医学、工学、薬学、理学などの複数の異種の学術分野が有機的に融合することが必要不可欠です。
本書では、DDSを「マテリアル」という観点から捉え、わかりやすく解説しています。現在、進歩がめざましいナノレベルでの物質サイズの制御についての科学技術がDDS研究にも不可欠であります。
「ナノ」と「マテリアル」という言葉をキーワードとして、ナノDDSの全体像をまとめるべく企画された一書です。
 (ISBN978-4-944157-88-4)



 
                                                                           
遺伝子医学MOOK 別冊
バイオ・創薬・化粧品・食品開発をサポートする
バイオ・創薬 アウトソーシング企業ガイド
                 2006-07年版


監修:清水  章(京都大学医学部附属病院探索医療センター教授)
定価:3,806円(本体 3,524円+税A5344
2006年6月15日発行
(ISBN4-944157-91-6)
本書は、2000年より発行しております、バイオ・創薬・化粧品・食品開発に従事されている研究者(大学、国公私立研究所、企業)の研究業務を支援するバイオ・創薬アウトソーシング企業総覧の改題改訂版です。
受託項目(14関連71項目)ごとに、1企業/1頁のスペースで各社の詳しい受託内容(情報)を紹介するアウトソーシング企業ガイドです。


    
◆掲載受託内容項目(14関連71項目)
 
*試薬合成(10項目) *遺伝子操作(7項目)  *機器・設備(4項目)
*担体作製(4項目) *遺伝子検査(6項目) *情報処理(4項目)
  *抗体(4項目) *遺伝子解析(6項目) *労務提供(2項目)
*細菌・細胞(6項目) *蛋白・糖解析(4項目)  *その他(1項目)
*動物(5項目) *薬理・創薬(8項目)
掲載項目一覧
見本頁 ボタンサンプルをご覧になりたい方は「見本頁」ボタンをクリックして下さい。
※ご覧になるにはAdobe社Acrobat Readerが必要です。こちらで無料でダウンロードできます。
 




遺伝子医学MOOK 別冊/分子生物学実験シリーズ
図・写真で観る
タンパク構造・機能解析実験実践ガイド
                                       
編集: 月原冨武(大阪大学蛋白質研究所蛋白質結晶学研究室 教授)
(ISBN4-944157-92-4)
新延道夫(大阪大学蛋白質研究所神経発生制御研究室 助教授)
定価: 4,629円(本体 4,286円+税)、A4変型判、224頁
2005年7月25日発行
本書は現在、実際にタンパク解析を行っておられる研究者の方々、またこれから始めようとされる学生、大学院生の方から基礎・臨床のドクター、研究者、メーカーの研究者の方々を対象に、実際の研究の現場でより効率よく実験を進めていただくためのガイドブックです。
実践ポイントの解説や、視覚的にも理解しやすいよう図・写真を多用し、あらゆる方々にご利用いただけるよう構成されております。




2000-2010 (c) Medical Do All rights reserved.