創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net


いまさら聞けない『遺伝医学』
(ISBN978-4-944157-70-9)


 
編集 : 斎藤加代子
      (東京女子医科大学附属遺伝子医療センター所長・教授)
     近藤 恵里
      (恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター
       愛育病院 小児科/東京女子医科大学附属遺伝子
       医療センター非常勤講師)
定価 : 本体 3,700円+税、B5判、200頁
2014年4月30日発行
近年のゲノム研究と細胞遺伝学研究の進歩を通して、遺伝医学、すなわちヒトにおける生命情報の継承と多様性の分析の学問分野の発展がなされてきています。この遺伝医学領域の進歩やトピックスを正確に、かつわかりやすく説明している書籍が少ない中、本書は、2012年に開催された日本人類遺伝学会第57回大会において、大変人気のあった「いまさら聞けない遺伝医学」という講座の内容を書き下ろしていただいたものです。
「ちょっと聞いてみたいけれど、いまさら聞きにくい」テーマを、最新情報も踏まえてまとめていただいております。
一般の方々、疾患をもつ方やそのご家族、遺伝に関心のある方々、研究者、医学生、そして医療関係者の皆様にお役に立つ内容になっております。

絶版です。書籍はご購入いただけません。
電子書籍(個人向け)ではご購入いただけます。
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。

内容目次
はじめに   (斎藤加代子)
 1. 遺伝カウンセリングにおける再発率の推定
  (福嶋義光)
 2. 臨床細胞遺伝学
  (涌井敬子)
 3. 形態形成の異常と臨床遺伝学
  (小崎里華)
 4. 遺伝性不整脈の遺伝医学
  (清水 渉)
 5. 神経変性疾患の遺伝医学
  (市川弥生子)
 6. 小児期発症の神経筋疾患の遺伝医学
  (近藤恵里・斎藤加代子)
 7. 多因子疾患を理解するにはどうしたらよいの?
  (羽田 明)
 8. エピジェネティクス,基本を教えて
  (久保田健夫・三宅邦夫・平澤孝枝)
 9. がんのゲノム医学入門
  (横井左奈)
10. 遺伝子検査って,どこでやっているの?
  (難波栄二・足立香織)
11. ゲノム薬理学は臨床でどのように使われているのか?
 1) がん治療では?
  (内山智貴・菅野 仁)
 2) 関節リウマチ治療では?
  (谷口敦夫)
12. 次世代シークエンサー入門
  (清水厚志)
13. 生命科学データベース統合化の現状と活用法
  (坊農秀雅)
14. 着床前診断,どこまでできて,どこからできないの?
  (平原史樹)
15. 母体血胎児染色体検査と遺伝カウンセリング
  (左合治彦)
16. iPS細胞(幹細胞)を用いる医療の近未来
  (山本俊至・下島圭子)
17. 英語論文の発表まで:投稿者として,編集者として
  (徳永勝士)
おわりに   (近藤恵里)
●索引

●本書籍は絶版です。ご購入いただけません。

●個人向け電子書籍のご購入は、こちら


(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.