創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net
新刊書籍

遺伝子医学の入門書
これだけは知っておきたい
遺伝子医学の基礎知識
 

 (ISBN978-4-944157-94-5)

監修 : 本庶 佑京都大学医学部医学部長
編集 : 有井滋樹
東京医科歯科大学大学院肝胆膵外科分子外科治療学教授
武田俊一
京都大学大学院医学研究科放射線遺伝学教室教授
平井久丸
東京大学医学部附属病院無菌治療部助教授
三木哲郎
愛媛大学医学部老年医学講座教授
定価 : 本体 3,800円+税、B5判、320頁
2003年1月25日発行
  本書は、これから新たに遺伝子医学(関連)を学ぼうとされる方々だけでなく、既に遺伝子医学研究を進めておられる学生さんをはじめ、大学院生、若手の研究者、研修医、臨床医、コメディカル、企業に勤める方々にも広くご利用いただけるよう、基礎から技術、応用、治療までを一挙に網羅し、解り易く解説編集された遺伝子医学(関連)の入門書です。

本書籍をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 3,800円+税
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。

内容目次
●序文 (本庶 佑)
● 第1章 基礎編
 1.遺伝子医学の基礎
オーバービュー 遺伝子と疾患の関わり  (松原洋一)
 1. メンデル遺伝学と現代の臨床遺伝学
 (武部 啓・巽 純子)
 2. 遺伝性疾患の種類と分子遺伝病態学
 (鈴木洋一)
 3. 腫瘍と染色体異常
 (稲澤譲治)
2.体細胞レベルの遺伝子医学−癌
オーバービュー 体細胞レベルの遺伝子医学とそれの癌研究への応用
  (山添光芳・武田俊一)
 1. 細胞生物学への遺伝学的方法の応用
 (園田英一朗)
 2. 遺伝子から見た多段階発癌
 (村上善則)
 3. 遺伝性腫瘍
 (矢野憲一・三木義男)
 4. シグナル伝達と発癌機構
 (鈴木 亨)
 5. 細胞周期と癌
 (加藤順也・友田紀一郎・加藤規子)
 6. アポトーシスと癌
 (三枝かおる・一條秀憲)
● 第2章 技術編
 1.臨床検体の収集と解析の方法
オーバービュー 臨床検体の収集と解析技術  (谷脇雅史)
 1. 染色体診断の新しい技術
 (谷脇雅史・野村憲一・山下靖英・西田一弘)
 2. クローン性の解析技術
 (大橋春彦・堀田知光)
 3. 定量的遺伝子診断法
 (宮村耕一)
 4. 遺伝子異常の検出法
 (村上善則)
 5. DNAチップによる疾病解析
 (油谷浩幸)
 6. 遺伝医療サービスおよび遺伝子研究に関する倫理ガイドラインと今後の課題
 (羽田 明・蒔田芳男)
 2.遺伝病の原因遺伝子を同定する戦略
オーバービュー 日本におけるミレニアム計画の戦略  (白川太郎)
 1. 遺伝病,特に多因子疾患の原因遺伝子を同定する戦略
 (毛 暁全・大津暁子・福田早苗・中島加珠子・程 雷・白川太郎)
 2. ポジショナルクローニング
 (堀井 明)
 3. 多因子疾患の解析理論−罹患同胞対法−
 (井ノ上逸朗)
 4. 多因子疾患の遺伝解析−case-control関連研究−
 (大橋 順)
 5. 病気の原因遺伝子の単離のための戦略,疾患とフィールドの選択
 (井上悠輔・小泉昭夫)
 6. モデル生物と遺伝病の理解
 (山下由起子・鍋島建太郎)
 3.モデル生物を使ってより深く表現型解析をするための戦略
オーバービュー ヒトゲノム機能解析のロゼッタストーン  (佐谷秀行)
 1. モデル生物の特徴と選択
 (中尾光善)
 2. 遺伝学的解析のモデル生物,ゼブラフィッシュとメダカ
 (高 垈経・工藤 明)
 3. 遺伝学的解析のモデル生物,マウス
 (森 政之・芹川忠夫)
 4. 疾患モデル動物の作製
 (八尾良司)
● 技術資料
1.DNA解析
 ① サザンブロット,RFLP (岩永律子)
 ② PCR・PCR-SSCP法 (佐々木智成)
 ③ マイクロサテライト/ミニサテライト不安定性の検出 (玉木敬二)
 ④ FISH法・CGH法 (井本逸勢)
2.RNA解析
 ① ノーザンブロット・RT-PCR (野村慎太郎)
 ② in situ hybridization (野村慎太郎)
 ③ Differential Display (三浦史仁・伊藤隆司)
3.話題の最新解析技術
 ① LAMP法 (栄研化学(株))
 ② ICANTM法 (タカラバイオ(株))
 ③ NASBA法 ((株)カイノス)
● 第3章 応用編
 1.悪性腫瘍の分子病態解析
 1. 大腸癌における遺伝子診断の現状
 (中森正二・竹政伊知朗・門田守人)
 2. 乳癌の分子病態解析
 (稲治英生・菰池佳史・元村和由・小山博記)
 3. 肝細胞癌の発生・進展関連遺伝子の解析
 (中村典明・西田直生志・有井滋樹)
 4. 食道癌の病態解析
 (嶋田 裕・渡辺 剛・加賀野井純一・橋本洋右・姜 貴嗣・今村正之)
 5. 胃癌の分子病態解析
 (下山省二・上西紀夫)
 6. 膵癌の分子病態解析
 (土井隆一郎・藤本康二・和田道彦・今村正之)
 7. 肺癌の病態解析
 (三宅正幸)
 8. 膵・消化管内分泌腫瘍(負荷試験と特徴)
 (河本 泉・土井隆一郎・嶋田 裕・藤本康二・川村純一郎・今村正之)
 9. 多発性内分泌腫瘍症と神経線維腫症の分子病態解析
 (亀山香織・高見 博)
10. 成人T細胞白血病の分子病態解析
 (松岡雅雄)
11. 悪性リンパ腫の遺伝子異常と分子病態
 (瀬戸加大)
12. 染色体転座による白血病発症機構
 (黒川峰夫・平井久丸)
 2.多因子病の分子病態解析
 1. 高血圧の分子病態解析
 (勝谷友宏・荻原俊男)
 2. 2型糖尿病感受性遺伝子の同定
 (堀川幸男)
 3. 関節リウマチの疾患遺伝子
 (塩沢俊一・駒井浩一郎・小西良武・村山公一・川崎博樹・
  佐藤優江・中務美紀子・村田美紀・田中泰史・塩沢和子)
 4. 統合失調症の分子病態解析
 (南光進一郎)
 5. 骨粗鬆症の遺伝子解析
 (江面陽一・岩崎公典・石田良太・江見 充)
 6. アルツハイマー病の分子病態解析
 (紙野晃人)
 7. 自己免疫性甲状腺疾患の分子病態解析
 (赤水尚史)
 3.特殊なタイプの遺伝子病
 1. ポリグルタミン病
 (垣塚 彰)
 4.病院での遺伝相談
 1. 病院での遺伝カウンセリング
 (藤田 潤・小杉眞司)
● 第4章 治療編
 1.遺伝子治療
 1. 遺伝子治療
 (小澤敬也)
 2.オーダーメイド医療現状と展望
 1. オーダーメイド医療:現状と展望
 (小川佳宏・中尾一和)
●用語解説
●索引

こちらの書籍は絶版です。ご購入いただけません。


(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.