創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net
トランスレーショナルリサーチを支援する


創薬研究への分子イメージング応用 (ISBN978-4-944157-48-8)



 
  編集佐治英郎
      (
京都大学大学院薬学研究科病態機能分析学分野教授
定価本体 5,143円+税B5
、228頁
2010年12月25日発行
  今、分子イメージングは新たな切り口で生体機能を読み解く新しい研究方法論として注目されております。
本書では、PET、SPECTなどの放射線を利用するイメージング法を中心に、分子イメージングの概念、欧米および日本における研究体制の現状、医薬品開発への応用の概要がまとめられております。

本書籍をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 5,143円+税
本書籍は、電子書籍(個人向け)でもご購入いただけます。
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。

内容目次
序章分子イメージングの概要 (佐治英郎)
●第1章 医薬品開発に資する分子イメージングの基礎技術
 1. 放射性同位元素を用いる分子イメージングMRI,光イメージングとの比較
  (古川高子)
 2. 放射性分子プローブの条件と分子設計
  (佐治英郎)
 3. PET分子プローブの合成法
  (土居久志)
 4. ペプチド,タンパク質のPETプローブ化への合成戦略
  (長谷川功紀)
 5. オリゴ核酸PET分子プローブの合成法
  (窪山剛之・小比賀 聡)
 6. 糖鎖の非侵襲的イメージング
  (田中克典・深瀬浩一)
 7. PET分子プローブの自動合成装置
  (岩田 錬)
 8. PET分子プローブの製造管理・品質管理
  (福村利光)
 9. 分子イメージング動物実験用PET装置
  (和田康弘)
10. 分子イメージング臨床用PET装置
  (平野祥之・飯田秀博)
●第2章 PET・SPECT分子イメージングと医薬品開発
 1. 薬物体内動態評価への分子イメージングの利用
 1) 薬物体内動態の非臨床研究での分子イメージングの利用
  (西村伸太郎)
 2) PET・SPECTを用いたマイクロドーズ臨床試験
  (楠原洋之)
 3) 放射性イメージング薬ガイダンスの制定に向けて
  (矢野恒夫)
 4) PETを用いた臨床試験(治験)におけるGMP
  (矢嶋一賀)
 5) 薬物ターゲティング評価への分子イメージングの利用
  (横山昌幸)
 2. 画像バイオマーカーとしての分子イメージングの利用
 1) 分子イメージングによる受容体占拠率の解析
  (谷内一彦・吉川雄朗・古本祥三)
 2) 分子イメージングによる薬効・薬物動態解析
  (渡辺恭良)
 3) 高比放射能PET分子プローブによる生体微量現象の探索
  (井上 修)
 4) 用量設定への分子イメージングの応用
  (佐々木健至・須原哲也)
 5) 薬物体内動態評価への分子イメージングの利用
  (楠原洋之)
 6) 血液脳関門での薬剤排出トランスポーター機能評価への分子イメージングの利用
  (河村和紀)
7) 治療効果評価への分子イメージングの利用
前臨床評価特に脳梗塞治療薬について
  (塚田秀夫)
抗癌剤
  (井上登美夫・宍倉彩子)
アルツハイマー病治療薬
  (岡村信行)
抗精神病薬
  (伊藤 浩・小高文總)
小動物PETによるラットパーキンソン病モデルの神経傷害性と治療効果判定
  (外山 宏・籏野健太郎・鈴木弘美)
動脈硬化治療薬開発のための分子イメージング
  (玉木長良・趙 芫・久下裕司)
再生医療への分子イメージングの応用
  (川﨑俊之・田原 強・宿里充穂・尾上浩隆)
●索引

●本書籍のご購入は、こちら




●個人向け電子書籍のご購入は、こちら


(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.