創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net
遺伝子(ゲノム)医学・医療,研究の推進を支援する
定価: 本体 2,500円+税、A4変型判、168頁
ISBN978-4-909508-05-8
特集コーディネーター
 牛島俊和
  (国立がん研究センター研究所エピゲノム解析分野分野長)
本号の特集は「エピゲノム医療」です。エピゲノムの基本原理に始まり,先天異常症候群・がん・炎症性疾患・神経変性疾患・代謝疾患といった多様な疾患に加えて,生殖・再生医療分野でのエピゲノム解析の状況を第一線でご活躍中の先生方にご紹介いただきました。また,昨今話題となっているエピゲノムの経世代影響(エピゲノムの変化が世代を超えて伝わるのか?)についても最近の知見をご紹介いただくことができました。
エピゲノム情報は疾患病因・病態の解明,病型分類,予後予測などに活用され,エピゲノム研究から得られた新知見は,エピゲノム修飾薬などの形で,治療に応用されます。ゲノム医学・医療におけるエピゲノムの重要性は今後ますます高まると予想されます。
その他興味ある記事を多数掲載しております。

本誌をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 2,500円+税
年間購読も承っております。
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。


内容目次
● 目で見てわかる遺伝病
  −耳鼻科編 2
シリーズ企画
CHARGE症候群
 (岡野高之)
特集: エピゲノム医療
● Front View
巻頭言

 (牛島俊和)
● Main Theme
1. エピゲノムの基本原理
 (牛島俊和・竹島秀幸)
2. 先天異常症候群とエピゲノム異常
 (黒澤健司)
3. がんとエピゲノム
 (金田篤志・松坂恵介・岡部篤史・中川拓也・畑 敦・杉浦正洋)
4. 炎症性腸疾患とエピゲノム
 (大貫公義・長谷耕ニ)
5. 神経変性疾患におけるエピゲノムの役割
 (間野達雄・岩田 淳)
6. 代謝疾患とエピゲノム
 (丸茂丈史)
7. 生殖医療とエピゲノム
 (秦 健一郎)
8. 再生医療に向けたエピゲノムによるiPS細胞の特性解析
 (新井良和・西野光一郎)
9. エピゲノムの経世代影響
 (木村龍一・吉崎嘉一・大隅典子)
10. エピゲノム修飾薬
 (鈴木孝禎)
● Hot Topics
 〈話題〉
ゲノム編集とエピゲノム編集
 (堀居拓郎・森田純代・畑田出穂)
● Learning①
 〈遺伝性疾患(遺伝病)を学ぶ〉
先天性副腎過形成症
 (田島敏広)
● Learning②
 〈難治性疾患(難病)を学ぶ〉
低ホスファターゼ症
 (大薗恵一)
● Learning③
 〈遺伝子関連検査を知る〉
細胞遺伝学的検査結果を理解するために
−染色体核型記載の基本−
 (涌井敬子)
● Lecture
 〈臨床遺伝学・人類遺伝学誌上講義〉
がんの分子遺伝学的診断の動向:
免疫チェックポイント阻害薬の効果予測バイオマーカー
 (寺本晃治・醍醐弥太郎)
● Method
 〈研究手法〉
ゲノムワイド関連解析の解析手法
 (増田達郎・岡田随象)
● Technology
 〈技術〉
ヒストン修飾解析の最前線
 (半田哲也・木村 宏)
● Genetic Counseling
 〈実践に学ぶ
  遺伝カウンセリングのコツ〉
成人発症するX連鎖劣性遺伝性疾患における
女性保因者診断の遺伝カウンセリング
 (森川真紀・畠山未来・森田真未・尾崎紀夫)
● CGC Diary
 〈私の遺伝カウンセリング日記〉
リレー執筆
ジレンマと日々向き合う
 (安達容枝)
● Statistical Genetics
 〈遺伝統計学の基礎〉 (6)
シリーズ企画
ハプロタイプフェイジング
 (鎌谷洋一郎)
● ELSI
 〈倫理・法・社会〉
ヒトゲノム研究と医療の実施に伴う倫理的・法的・社会的課題
 (加藤和人)
● NEXUS
 〈ヒト以外の遺伝子に
  関連する研究〉
植物のエピゲノム制御機構
 (佐瀬英俊)
● 索引
● 編集後記


●本誌のご購入は、こちら





(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.