創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net


ペプチド・タンパク性医薬品の
新規DDS製剤の開発と応用
(ISBN978-4-944157-77-8)



 
  編集山本 昌 (京都薬科大学薬剤学分野 教授)
定価本体 5,333円+税B5、288頁
2011年6月10日発行
本書は、ペプチド・タンパク性医薬品についての投与部位からの吸収、その後の体内動態制御ならびに標的指向制御の方法をすべて網羅し、これら医薬品の投与形態や体内動態を研究されている研究者の方々にとって大いに役立つ内容となっております。また、本書はバイオ医薬品、抗体医薬品などの合成や生理活性について研究されている研究者の方々にも一読をお勧めしたい内容の1冊となっております。

本書籍をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 5,333円+税
本書籍は、電子書籍(個人向け)でもご購入いただけます。
内容目次の ▼要旨 をクリックしますと、要旨を読むことができます。

内容目次
序文 (山本 昌
●第1章 製剤添加物によるペプチド・タンパク性医薬品の経口ならびに経粘膜吸収性の改善
 1. 新規吸収促進剤を用いたペプチド・タンパク性医薬品の消化管吸収性の改善
  (山本 昌)
 2. 細胞膜透過ペプチドを利用したペプチド・タンパク性医薬品の消化管吸収改善
  (亀井敬泰・森下真莉子)
 3. ポリアミンならびに胆汁酸を用いた難吸収性薬物の消化管吸収性の改善
  (檜垣和孝)
 4. 粘液溶解剤と非イオン性界面活性剤の併用によるペプチド性薬物の消化管ならびに経粘膜吸収性の改善
  (吉野廣祐)
 5. 吸収促進剤によるTight Junction構成タンパク質の発現変動ならびに難吸収性薬物の消化管吸収改善
  (富田幹雄・林 正弘)
 6. Claudin modulatorを用いたペプチド・タンパク性医薬品の経粘膜吸収促進
  (小高美樹・近藤昌夫・八木清仁)
 7. ラウリン酸とアミノ酸を用いた難吸収性薬物の吸収改善アミノ酸を用いた吸収促進剤による粘膜障害の軽減
  (檜垣和孝)
 8. 各種タンパク分解酵素阻害剤を用いたペプチド・タンパク性医薬品の消化管吸収の改善
  (山本 昌)
●第2章 化学修飾によるペプチド・タンパク性医薬品の消化管吸収改善
 1. 脂肪酸修飾を用いたペプチド・タンパク性医薬品の消化管吸収性の改善
  (山本 昌)
 2. プロドラッグ修飾による難吸収性薬物の消化管吸収改善
  (今井輝子)
 3. 生理薬理活性物質の糖修飾およびグルコーストランスポーターによる腸管吸収動態の改善
  (水間 俊)
 4. ペプチドトランスポーターを利用した難吸収性薬物の消化管吸収性の改善
  (玉井郁巳)
 5. オリゴアルギニン修飾を用いた薬物の細胞内取り込みの改善とその機構
  (二木史朗・中瀬生彦)
●第3章 剤形修飾によるペプチド・タンパク性医薬品の消化管ならびに経粘膜吸収改善
 1. ペプチド性薬物の経口・経肺吸収をめざしたポリマーコーティングリポソームの設計
  (竹内洋文)
 2. 粘膜付着性ナノパーティクルを用いたカルシトニンの消化管吸収性の改善
  (佐久間信至・菊池 寛・林 正弘・明石 満)
 3. S/O®技術を用いたタンパク性医薬品の経皮吸収改善と経皮免疫への応用
  (後藤雅宏・田原義朗)
 4. キトサンカプセルを用いたペプチド・タンパク性医薬品の大腸特異的送達法の開発
  (山本 昌)
●第4章 各種粘膜吸収経路を利用したペプチド・タンパク性医薬品の消化管
      ならびに経粘膜吸収改善
 1. ペプチド・タンパク性医薬品の経鼻吸収性と鼻腔内投与による脳への送達
  (坂根稔康)
 2. 骨粗鬆症および糖尿病治療薬の経肺投与型ドラッグデリバリーシステムの開発
  (勝見英正・山本 昌)
 3. 肺胞上皮細胞におけるアルブミンおよびインスリンの輸送機構の解析
  (高野幹久・湯元良子)
 4. スペルミン化ポリマーによるインスリンの経粘膜吸収性の改善
  (関 俊暢・森本一洋)
 5. 微粒子粉末を用いたインスリンの経肺吸収性の改善
  (岡本浩一)
 6. キトサンオリゴマーを用いたインターフェロンの経肺吸収性の改善
  (山田圭吾・山本 昌)
 7. 一酸化窒素供与体を用いた高分子薬物の粘膜吸収改善
  (宇都口直樹)
 8. 薬物の経皮吸収改善法とこれら改善法によるペプチド・タンパク性医薬品の経皮吸収性改善
  (藤堂浩明・杉林堅次)
 9. イオントフォレシスを用いたペプチド性医薬品の経皮送達
  (小暮健太朗・濱 進・梶本和昭・気賀澤 郁)
10. マイクロニードルによるペプチド・タンパク性医薬品の経皮投与
  (権 英淑・神山文男・勝見英正・山本 昌)
11. 親水性ゲルパッチを用いたワクチン抗原タンパク質のデリバリーと経皮吸収型ワクチン製剤の開発
  (岡田直貴)
●第5章 ペプチド・タンパク性医薬品をはじめとする高分子物質の注射投与後の
      体内動態制御ならびに標的指向化
 1. 生体吸収性ハイドロゲルを用いた細胞増殖因子の徐放化と生体組織の再生誘導治療
  (田畑泰彦)
 2. 微粒子キャリアを用いた腫瘍関連抗原タンパク質デリバリーとその癌ワクチン療法への応用
  (岡田直貴)
 3. 多機能性エンベロープ型ナノ構造体(MEND)を基盤とした新規タンパク質DDSの構築と臨床開発研究への応用
  (山田勇磨・中村孝司・原島秀吉)
 4. 血液脳関門ペプチド・タンパク輸送系を利用した脳へのデリバリー
- カチオン性ペプチド・タンパク質を中心に -
  (出口芳春)
 5. PEG化による腫瘍壊死因子TNF-αの体内動態の制御と抗腫瘍効果増強
  (吉岡靖雄・吉川友章・堤 康央)
 6. 化学修飾アルブミンを利用した還元型チオールおよび一酸化窒素のDDS開発と酸化ストレス疾患治療への応用
  (勝見英正・西川元也・橋田 充)
 7. 分子構造修飾による活性酸素消去酵素カタラーゼのターゲティングと癌転移抑制効果の増強
  (西川元也・高倉喜信・橋田 充)
●索引

●本書籍のご購入は、こちら




●個人向け電子書籍のご購入は、こちら


(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.