創薬・薬学研究分野
ゲノム・タンパク医科学研究分野
再生医学・医療研究分野
遺伝子医学・医療研究分野
臨床医学・臨床薬学研究分野
新刊書籍
刊行予定の書籍
学会・セミナーでの販売
広告募集 遺伝子医学MOOK
取扱書店
学会セミナーのご案内
会社案内
お問い合わせご意見・問合わせ
遺伝子医学MooK 遺伝子医学MooK別冊 遺伝子医学 遺伝子医学増刊 その他の書籍 Bio Medical Quick Review Net

トランスレーショナルリサーチを支援する
臨床糖鎖バイオマーカーの開発
−糖鎖機能の解明とその応用
編集: 成松 久産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター センター長

本書籍をご購入の場合は ……………… 1冊 本体 5,333円+税


要 旨

(第2章)

第2章 合成編
医薬応用に向けた糖鎖合成技術の活用
1 有機合成化学を基盤とする糖タンパク質プロセシングと品質管理機構の解析 (伊藤幸成)

最近の研究により,高マンノース型糖鎖が糖タンパク質の品質管理機構において常用な役割を担っていることが明らかになりつつある。この過程において様々なレクチン,シャペロンや酵素も関わっている。われわれはその定量的解析をめざし,高マンノース型糖鎖を系統的に合成する経路を確立した。……
2 シアル酸グリコシル化反応の改良と共通構造から展開するガングリオシドの系統合成法の探求 (木曾 眞・安藤弘宗・石田秀治)

ガングリオシドは,シアル酸を有する糖脂質の代表格であり,生体内に広く存在して様々な機能を発揮している。分子レベルでの機能解明で不可欠となる合成糖鎖の迅速かつ大量規模での合成を実践するには,旧来のガングリオシド合成法を再点検し,より実用性の高い手法へと研磨してゆかねばならない。……
3 シュガーチップと糖鎖固定化金ナノ粒子の開発とウイルス検査への応用 (隅田泰生)

われわれは糖鎖の金属への固定化法を開発し,構造明確な糖鎖を固定化した金チップ(シュガーチップ)を調製してSPR(表面プラズモン共鳴)のセンサーチップとして用い,糖鎖とタンパク質やウイルスとの相互作用を簡便かつ無標識で解析する技術を確立した。この技術は引き続きアレイ型のシュガーチップへ発展させて,……
4 有機化学的手法によるN-結合型糖タンパク質合成 (梶原康宏・岡本 亮)

生体内で重要な役割を果たしている糖タンパク質の機能と糖鎖構造の相関の解明は現在世界中で強く望まれている。このような検討を行うには単一な構造の糖鎖を有する糖タンパク質を得る必要があるが,現在のところ十分な手法がない。これに対して,われわれは多様な構造の複合型糖鎖の大量調製法を確立し,……
5 糖タンパク質化学合成法の開発 (北條裕信・中原義昭)

糖タンパク質の機能解明を進めるため,その効率的な化学合成法の確立を行った。基本的な合成戦略は,固相法で糖鎖をもつペプチドチオエステルを鍵物質として合成し,それを繰り返して縮合することにより効率的に糖タンパク質へと導く。この方法を利用して,分子量約23kDaのムチンモデルタンパク質,N-結合型母核五糖をもつ癌転移因子……
6 酵素修飾法によるGAG糖鎖ライブラリーの構築 (杉浦信夫・木全弘治)

GAG(グリコサミノグリカン)は,二糖繰り返し単位の糖残基の種類と糖鎖長および糖鎖に修飾された硫酸基の位置と数により,極めて複雑な構造をしている。GAGは医薬品として機能が認められている糖鎖の1つであり,その生理機能はその多様な構造に寄与すると考えられる。……
7 酵母によるムチン型糖タンパク質の生産と解析 (千葉靖典)

ムチン型糖鎖は哺乳類の様々なタンパク質上にみられるO-型糖鎖修飾の1つである。このムチン型糖鎖は細胞の癌性変化に伴い糖鎖構造が変化することが知られており,シアリルTn抗原などはよく知られたムチン型糖鎖腫瘍マーカーである。われわれは酵母を利用したムチン型糖鎖を有する糖タンパク質の生産系を構築し,癌組織などで発現する……
8 ファージ抗体ライブラリーを用いた糖鎖プローブの探索 (高柳 淳・清水信義)

糖鎖プローブの1つとして,特異的なモノクローナル抗体は,研究のみならず診断・治療にも非常に有用なツールである。しかし,糖鎖特異的なモノクローナル抗体を作製することは容易ではない。これを克服するため,独自のファージ提示型抗体ライブラリーと様々な改良を加えたスクリーニング法を活用した私達の取り組みを,……
第1章へ 第1章へ 第3章へ 第3章へ



(c) 2000 Medical Do, Co., Ltd.